印鑑2015/10/14 12:07

仕事用の印鑑。

シャチハタを使っていたら
「そんなチンケなもの使わないでください!」と、その方に叱られた。
「しばらく待ってください」と言って
自ら掘ってくださったもの。

亡くなってもう15年になる。

この字をじっと見ていると、何か愉しくなってくる。
ずいぶん古い字体とうかがった覚えがあるが
何という字体かは忘れてしまった。

その人。
「篆刻家河野晶苑の世界」というホームページが作られていることを、先日発見した。
http://www.shoen-tenkoku.com/

蛇足ながら。
銀行等、カネがらみのことには使っていないから
この印鑑を模造しても役に立ちませんからね~。

コメント

_ 堀内 ― 2016/09/30 07:50

私も昔関わりがありまして、印章を作って頂いた者です。
確認したい事があり、検索していたら、ここに来ました。

懐かしい! あの方らしいですね。

明王朝の前の宋王朝の時代の字体と言われたような
ですから『宋朝体』かと。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kukikoketa.asablo.jp/blog/2015/10/14/7840216/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。