手術の進歩2016/09/01 22:09

銀座あさんぽ。
専修大学の発祥の地は、当院至近、自動販売機隣接。

9月最初の日。
朝の光が、やわらかくやさしい。

夜、新宿のホテルで開かれた女子医大の消化器講演会に出席。
腹腔鏡を使って大腸を全切除し肛門から摘出する手術。
胸腔鏡で名前もつけられていない微細な筋や血管を確認し郭清する食道癌手術。
動画で見せていただいて、圧倒された。
腹腔鏡や胸腔鏡を使うと、単に傷が小さいだけではない。
開腹・開胸の直視では得られない角度からの視野、実体顕微鏡のような拡大視野が得られることで、非常に精度の高い手術が可能になることがよくわかった。
ワールドカップのテレビは見られなかったが、行ってよかった。
駅弁の晩メシを電車内で食いつつ帰宅。

ワールドカップ・アジア最終予選の初戦は、2-1でUAEに敗戦。
初戦に負けると出場できない、なんてことは単なるジンクスだから無視して良いと思うが、苦しいスタートになったのは確か。
それにしても、審判。
まあ、考えてみれば、「世界」というところは、こういうことも平気で起きるチマタである、ということもふくめて「ワールド」カップなのかもしれない。
グローバリゼーションの時代だから、いずれヴィデオ判定などで、もっと平準化されてはいくのだろうけれど、それまでは、これも世界、と思うしかなかろう。

百舌2016/09/02 07:02

百舌の高啼きを、今年初めて聞いた。
早朝に、家のすぐ近くで、けたたましく叫んでいた。

百舌の高啼きが聞こえたら75日後に霜がおりると言われるそうだ。
75日後は、11月16日だ。
うちのあたりに霜がおりることはほとんどないが、
11月半ばならば霜の便りがあちこちから聞こえてくるころだ。
えらく早い百舌の訪れだと思ったが、
こうして考えると、ちっとも早過ぎはしないのかもしれない。
秋は着実に足早に進行してきている。

化粧2016/09/02 07:03

満席の通勤電車。
化粧に余念の無い女性がいる。

すっぴんの素顔よりは化粧した顔を他人に見せていたい。
そう思うのであろうその人が、
電車の中とか喫茶店で化粧する
ということがどうにも理解できない。
オシッコしているところを見せられてしまったように思えて
目をそむけてしまう。

化粧の技をわざと見せているのではないか、
という人がいる。
化粧した顔を見せたいのは特定の人であって、
その他の人はどうでも良いのではないか、
という人がいる。

どちらも、どうもしっくり腑に落ちない。

化粧をしているその顔、表情に、
まったく他人が写っていないように見えるからだ。
他者の視線というものの意識が欠落している。
イヤースピーカーで音楽を聴きながら
スマートフォンでゲームをしている人の表情と同じだ。

謎は、他者の視線が無い世界に生きるその人が、
なぜ他者に向けた顔を作る化粧という行為をするのか、ということ。
こういう人にとって化粧は、
他者との関係の中にある顔=ペルソナを形づくることではなく
ナルシスティックな自画像を描く遊戯なのかもしれない。

そんなことを、通勤電車で考えた。
ヒマだな、おれ。

緊急手術2016/09/02 08:17

職場に着くと、5月にいただいて、先日植え替えた胡蝶蘭の一株が傷んでいた。
葉が付け根から黄色くなってくると、その葉はもうダメ。
次々に葉がそうなるようなら、根腐れだから、腐った部分を全部切除。
急いだ方がいい。
洗面所で、緊急手術。

こんな状態から、また新しい葉が芽生えてくることもある。
しかし、今回はかなり厳しい。
救命確率1割以下かな。
13株もあって困ってるのに、1株でも放置はできない。
医者の強迫観念というか癖というか。。


”完全分煙"2016/09/02 08:27

近所のカフェで朝食。

隔壁がしっかりした分煙の店が増えた。
けっこう。
単に場所で席を分けてあるだけよりは良いとしよう。
しかし。
近ごろ、喫煙席と禁煙席の両方に席をとる人が目立つ。
禁煙席で食事してコーヒーを飲み、
ときどき喫煙席に行って喫煙して、
また戻ってくる。
何という身勝手!
受動喫煙って、タバコから直接出る煙だけじゃない。
喫煙者の呼気も。。。なんだからさ。
これやられたら、隔壁壊して全部喫煙席にされたも同然じゃないか!

飲食店は、完全禁煙にして欲しい。
「分煙」というなら、別の店にしないと無理。