菩提樹 ルーツの勉強 昭和の台所2017/05/17 11:49

日比谷あさんぽ。
菩提樹を見に行った。


花は連休中に咲いてしまったようだ。
来年は、開花の時に見てみたい。

サヤがはじけるような形で開花するのだな。
実が大きくなるのも見届けよう。

仕事を終えるや片づけも早々に、
東邦大学大橋病院で開かれた漢方の勉強会に参加。
漢方というよりそのルーツ、中国伝統医学の歴史を勉強し直す連続セミナーの第一回。
遅刻で前半1/3を聴き逃してしまったが、一人で本を読んで勉強するにはつらい内容。
講義で聴けるのはありがたい。
これから約2ヶ月に一度一年間、ここに通うことにしよう。

帰りは渋谷まであるいて、銀座に戻ったのは10時過ぎ。
一日で一万五千歩歩いたし、飲食は9時間ぶり。
空腹というより脱水気味だ。

ここは銀座4丁目なんだけど、戸越銀座か? な昭和の風情。

パンに載せた大きな前菜が一個あたり百円。
値段も戸越銀座だ。
味も悪くない。昭和のお台所感。

うれしくも昭和らしくないのは、禁煙なこと。
これまでなんとなくあまり来なかったけど、使えるな、ここ。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kukikoketa.asablo.jp/blog/2017/05/17/8562705/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。