早朝の仕事 深夜の繰り言2017/11/01 22:14

早起きして出勤し、始業前に10月分の診療報酬請求書類を仕上げた。
休日をこの作業に使いたくなかったからだ。
3日の天気が良ければ山を歩くところだが、予報は雨なんだよな。
5日の予定を3日に繰り上げて済ませ5日に山歩きという手もあるか。

「論文書くときはな、書き始める前にうんと初歩的な入門書を読み直すんだぞ。
いいな。覚えとけよ」
職員室に呼ばれて行ったら、クラス担任だった数学の先生は、読んでいたブルバキから顔を上げて、そう言った。
理系進学希望なのに数学はさっぱりダメで進学ならぬ神学の本なんか読んでいた高三のオイラに、なぜあんなことを言ったのだろうか。
結局数学はもちろん、他の分野でも論文は書かずに終わる。
そう言えば彼は、
「大学に入ったら、オマエは俺んとこへ数学習いに来るんだぞ。いいな」。
そうも言った。
なぜあんなことを言ったのだろうか。
担任の生徒みんなに言っていたのかもしれない。
オイラは大学に入っても彼のところには行かず、
数学は苦手のまま老年に至った。
もったいないことをしたのかもしれない。

もうひとつ。
「セロ(チェロとは言わず、彼はセロと発音した)を弾いてみたい人はいませんか。
いたら、昼休みでも放課後でも、教員室へいらっしゃい。教えてあげるから」
芸大の先生でもあった音楽の先生のゲタさんが、
たぶん高一の最初の授業で教室を見渡して、そう言われた。
烈しく心動いたが、ゲタさんはおっかなくて、習いになんか行けなかった。
人生で「悔い」に一番近いのは、これかなあ。

あの学校は、宝の山だったと今さら思う。
あのころは、その価値もわからず、どれだけ無為に過ごしてしまったか。
所詮それだけの器であった。

今宵の君は・・2017/11/02 18:29

インフルエンザワクチンは、一瓶で2人分。
今年は供給が少なめなので特に少しの無駄も出さないように気をつけている。
今日は偶々一人分残ってしまったので、自分に自己接種。
残った食材でまかないメシ作って食う、みたいな。

午前の診療を終え、夕方から夜は今週3度めの出稼ぎ。


♪♪ 今宵の君は
目がくらんだよ
12だってさ、AgeじゃないよA1c !! 
眩しすぎるよその数字
チューシャ怖いなんて かわいすぎる君
燃え上がったよ
ギンギラギンにさりげなく イエー
(テキトウなメロディーつけて歌ってください。ははは。)

帰り。東京駅の地下で弁当を買い、
車内で食べながら帰宅。
ステーキどーんドーダ!みたいな食事は苦手で、
とにかくチマチマ品数あるのが嬉しいオイラには、この八角弁当は満足感が高かった。

愛宕の松特別純米で。

母とカボチャ2017/11/03 18:52

前夜の雨が上がって穏やかな秋晴れ。
寝坊して、少し笛のお稽古して、
伸びた竹とモッコウバラのシュートを切り、
午後は母親をホームに訪問診療。

珍しく、車椅子でロビーに出ていた。
ハロウィーンのカボチャは、母の顔に似ていた。
カボチャは、母の好物の一つだった。

ベートーヴェン、中村憲剛、秋刀魚の味2017/11/04 22:51

暗いうちに起き、ようやく明るくなったころに家を出て出勤。
東海道線下りはこの時間から満員で、グリーン車にはビールを飲んでいる人も見える。
そうか世間は3連休の真っ最中。天気も悪くない。
オイラは空いてる上り線で仕事に。

今日はいつもの漢方診療にインフルエンザワクチンの接種が混じって忙しめ。
若い時のベートーヴェンの作品をCDで鳴らしながら、元気に正面突破。
まずは作品2のピアノ・ソナタ、フリードリヒ・グルダの演奏。
次、作品18の弦楽四重奏曲、モザイク四重奏団のピリオド楽器での演奏。
作品12のヴァイオリン・ソナタは、ハスキルとグリュミオ。
続いて作品5のチェロ・ソナタ、ケラスとメルニコフ。
そして最後、作品15のピアノ協奏曲、アンスネスのピアノで!

どれも素晴らしい作品の素晴らしい演奏。
ベートーヴェンといっても後に色濃くなる悲劇的なもの、息苦しいまでの徹底、闘争的なところはまだなくて、純粋で自発的な天才性が、自然に溢れ流れている感じがする。

午後2時までの診療を終え、樹の花で昼食。
ネットで、ルヴァンカップ決勝の経過を追う。
セレッソ大阪対フロンターレ川崎、どちらが買っても初優勝。
セレッソも好きだが、うーん川崎・中村憲剛選手の笑顔が弾けるところを見たかった。残念。
憲剛のプレーをエレガントと評したのはオシムさんだったろうか。
最高の選手の一人だと思うが、タイトルからは見放されている。
選手生活最晩年にさしかかっているはず。
彼が優勝して喜ぶところを、一度は見たい。

生姜(ショウキョウ)
良姜(リョウキョウ)
乾姜(カンキョウ)
茴香(ウイキョウ)

霍香(カッコウ)
葛根(カッコン)
滑石(カッセキ)

山梔子(サンシシ)
山査子(サンザシ)
細辛(サイシン)
山茱萸(サンシュユ)

龍骨(リュウコツ)
竜胆(リュウタン)

帰りの列車の中で、生薬の名称一覧とにらめっこ。
調剤薬局での過誤防止のため、処方箋上の生薬の記載を、厚労省マスターによるカタカナだけでなく、要注意のものについては上のように漢字を併記してみることにした。
漢字の方が直感的に差がわかりやすいし、漢字が書いてあるものは要注意、という注意喚起にもなることを期待している。完璧は、言うまでもなく、無いのだが。こういうことが割に簡単にできるのが、電子カルテソフト・ダイナミクスの良いところだ。

ムスコその1と、その2夫婦が来て、
夕方から海鮮BBQという名の青魚炭火焼き宴会をやっていた。

写真は、ムスコその1のFBから拝借。
残り火で、秋刀魚と鰯を一匹ずつ焼いてもらって夕食。
今年の秋刀魚は、やはり脂の乗りがもうひとつか。

大山登って神奈川一周2017/11/05 22:03

朝6時に起き、ツレアイ、息子その1と一緒にヤビツ峠から大山へ。
8時過ぎにヤビツ峠の駐車場はもう一杯だった。
9時半前に山頂着。
秋深まってはいるが、未だ晩秋極まった感じではない。
富士山は途中で雲の中に隠れた。



9月に登った大山三ツ峰を見おろす。
こうして眺めても、あれほど厳しい道は、想像しにくい。

せっかくバーナーを持ってきたのに、燃料のボンベを忘れた。
せっかくコーヒーを淹れてテルモスに入れたのに、それも忘れた。
冷たいパンや柿や梨で朝食。陽射し温かいから、まあいいや。
しばし、昼寝。

下山して、昼食は秦野の名店でうどん・蕎麦ダブルせいろ。
ダシをイリコと鰹節でしっかり作り分けている。
なかなかいい。


実は前夜寝ようとするころにホームから電話があり、母親が熱発と。
この日も朝から、山に登りながら、携帯で連絡を取って、点滴などお願いしていた。
で、昼食の後は、秦野から町田経由新横浜のホームへ。

まあ、誤嚥なのだろう。
抗生剤の点滴も開始することにし、火曜に採血することに。

ぐるっと神奈川県の内周を一周て帰宅。

夜はこんなウチメシで和んで早寝。

アスパラ菜っちゅうもんと、竹輪の炊いたん。

冬瓜と挽肉。

鶏肉と玉子。

新米とジャコ山椒。

クラシック音楽館は、下野さん指揮の定期。
ライブで聴いてとても良かったが、
録画も別物としてとても良い。
下野さん、見た目は関脇下野山、鹿児島県出身、朝比奈部屋って感じだけど、
クレバーで誠実な音楽家という感じ。