クスリはリスク2018/05/18 22:14

昨日の出稼ぎ帰りにフラリと入ったブックオフで買ったCDを聴く。

パパっと短時間で買った三枚、いずれも大当たり。
N響の池田昭子さんが吹く落ち着いた音色のオーボエやコール・アングレ。
ファジル・サイのハイドンは瑞々しく鮮やか。
アランさんは、ICU教会のオルガンが完成した時に披露演奏会のために招かれて来日した。その時にICUの学生だったので、幸運にも何度も間近で演奏と講演に接した。バッハ、ダカン、クレランボオ、フランク、兄アランと、その時に聴いた覚えがある曲がたくさん集められていて、大変なつかしい。
みんな愛聴盤確定。

ある漢方薬を飲んで1ヶ月半での副作用チェック。
肝機能障害が出ている。

漢方薬の中でも、副作用に気をつけなければいけないものがいくつかある。
クスリはリスク、漢方もクスリ。
リスク管理は、クスリを使う医者の大事な仕事。

夜、長男坊夫婦と、南インド料理を食べながら、相談事。
そういえば今日は昼夜とも南インド料理だった。
ここの料理を食べていると、腹の具合が大変よろしい。
おいしいことももちろん。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kukikoketa.asablo.jp/blog/2018/05/18/8855160/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。