仕事して庭めし、夜はお稽古2018/05/20 18:10

朝めし食わずに家を出て、
相模大野でめし食って
午前いっぱい楽ちん出稼ぎ。
居ればいいって仕事があるのよね、大きな声じゃ言えないけど。

昼過ぎに帰って、薫風の庭めし。
未だ蚊もいないし、暑すぎず寒からず。
こんな日は、年に何度あるだろう。

ラディッシュとインゲンのサラダ、
米国のピーカンナッツでエールを一杯。

蜂や蝶が飛び回る。
アシナガバチ、クマバチ、ときどき巨大なスズメバチ。
アゲハチョウ、クロアゲハ、モンシロチョウ。

ズッキーニのパスタ。

マグノリアの花が咲き始めている。
この花には小さな甲虫が来る。

夕、月に一度の楽器のレッスン。
間に3週間しかなかったし、GWに山へ行って楽器さわらない日もあった。
停滞感があって、気が思いレッスンだった。

どんどんやることが絞られていく深掘りレッスン。
今日は1時間半、低音域のGから上行してDまでの5音だけ。
いや、ほぼG1音を出すだけのレッスンになった。
でも、今回も、何か一歩とは言うまい、歯車一刻み、前進できた気がする。

先生は、ウィーンに5年いて、ヴェルナー・トリップに師事しておられた。
トリップさんは、日曜日は山を歩いたりしなきゃダメ! と言われたそうな。
そこだけは、胸を張れるな、オイラ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kukikoketa.asablo.jp/blog/2018/05/20/8858975/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。