東京チャイニーズ2017/05/25 22:08

夕方から、新スタッフ二人の歓迎懇親会を、
築地のヌヴェルシノワというかトキオ四川というかの店で。

カツオを、新玉ねぎと黒酢と胡麻油で。
ふむ。
新しい日本料理と言ってもおかしくない。

よだれ鶏
ここの定番のよう。
レバーが載っている。
ナッツは、ピーナツとカシューナッツ、パクチーが効いている。

モンゴウイカの大葉炒め。

これを「回鍋肉」と言いますか。よく言うぜ。笑えた。

揚げた白魚を、卵黄と紹興酒のソースで。
濃厚。五分の一くらいの量を、強い蒸留酒で食べたらいいかも。

パスタのようだが、水蓮菜という台湾の野菜。
水中を伸びる茎であるらしい。
桜えびと。
これはきれいだし、なかなか。

四川の定番。この後定番の杏仁豆腐。

ここの料理は、紹興酒よりはワインだね。
シャルドネ/ヴィオニエのこれは、なかなか。

雨まじりの低気圧のせいか、始まる前は頭痛と吐き気でどうなることかと思ったが、
五苓散パルスで何とかなった。
虚弱水毒爺には、このコースは多過ぎた。
今度来ることがあったら、単品で頼もう。

離亭 三ぶん のちHFD2017/05/11 18:04

完全禁煙居酒屋、「離亭 三ぶん」。
ランチもウフフでございました。

六勺の昼酒、よろしいねえ。
数ある銘酒の数々から会津中将の薄にごりを選び、おいしくいただきました。
午前診療の日の贅沢!

夕食は、例によってHFDあるいは歯ざわりの食卓。

牛肉とリークの炒め物。

蒸し新ジャガ、エシレバターとフェンネルの香り。

鶏とクレソンとプチトマト、庭のキヌサヤと湘南ゴールドのサラダ。
今夜はこれだけオイラ作。

んで、酒は宮城の一の蔵特別純米。
埼玉の駅前スーパーで3割引だった。2本買うんだったな。

パワポ連休2017/05/03 21:23

夜明けとともに起き出し、庭の伸び過ぎた草木を切ること一時間。
その後朝ンポ。


暑くなりそうだ。

ツレアイ作のバゲットサンドとオイラ作のサラダで美味しい朝めし済ませた。



さあ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ!
わはは早くしようね!

7月のセミナーの準備。
この3連休で骨組みが組み上がらないと間に合わないと思われ。
ふう。基本設計くらいは、頭の中にはあるんだけどね。
建設工事はそれなりに大変。


ってできかけのこんあスライド一枚FBにアップしたら、
生薬学者のM先生から
大黄は生薬名なので、ラテン語名はあるが学名は無い。
学名を問うなら種名に対応させるべき、と鋭いツッコミあり。
確かに。ありがたやありがたや。

午後2時、昼めしは、麦いか煮物の第二次リフォームで、和風イカ墨スパに。

山椒はどうしたって美味い。
日本のハーブの王様だ。
さあ、午後の仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ!
その前にちょっとシエスタ。

よしっ!
ホームゲームなのに観戦に行かず、ダゾーンも無視してるとベルマーレは勝つ!
ああ、私はベルマーレに対しては、見るものを石に変えてしまうメドゥーサなのか。
いっそ盲いてオイディプスたらむか。

ばんめしは簡単に。
サンフランシスコのサラミ。

新玉ねぎと鯖バジルオイル漬けと庭の絹さやのサラダニソワーズ。

コノスルのヴィオニエで。
明日も早起きして仕事するぞ!
わかったよ。黙ってやれ。

渡辺記念イースター音楽祭2017/04/16 22:15

日曜だけど、ソンタク玉子じゃなくて、今朝はサンドイッチ。ツレアイ作。

渡辺ってのは、2歳年上の友人の名前。
ピアノ弾きだった彼は、5年前の今日死んだ。
若い時、彼と音楽の楽しみを分かち合い、彼に音楽を教えてもらった仲間が集まった。
楽器で演奏し、歌も歌い。
命日というより、復活祭がふさわしい。

昼には、イタリア産オーガニックワインの特別レクも。
死んだピアノ弾きは、酒飲みでもあった。

楽しかった。
またやりたい。

食器洗いで指切った2017/04/13 23:01

ツレアイは、母親のお伴をして、ハンガリーとバルト三国を旅していた。
ちなみにツレアイの名は「とも子」といい、「おとも」とも呼ばれている。
生まれながらのお伴なんである。

んで、持ち帰った食材で晩メシ。
飛び入り客人二人

これがハンガリー純正グーラーシュ。
赤いパプリカを大量に使う。

キュウリとヨーグルトのサラダにも
パプリカの粉をかけて。
この料理に、与那国島の「どなん」が不思議なほどよく合う。

エストニアの黒パン。
少し黒砂糖っぽい甘みがあって、ドイツの黒パンよりは柔らかい。

で、明日も早いから、と
食器洗いしていたら、「どなん」飲んでた薄手のグラスが割れ、
ギザギザに割れたところで左拇指をざっくり切り込んでしまった。
30分ほど粘ったが、止血できない。
ツレアイの車で、深夜の救急病院へ。
外科系当直は、整形外科の先生だった。
5針縫っていただいた。
まあ。左手で良かった。