ひさびさの地元あさんぽ読書に音楽2017/07/16 18:51

午前4時半、鳥たちの目覚めの声に起こされる。
真夏になると窓を開けて寝るので、明け方は賑やか。
久しぶりに、日が上がる前のあさんぽに出る。
昨年のこの時期は毎日のようにあさんぽしていたように思うが、
出稼ぎを増やしたので、朝起きるのが少々つらくなって、
今年は少なくなってしまった。
苛烈な陽射しにさらされる前のこの時間、花々の色が瑞々しい。






高圧電線は、イノシシよけ
このあたりは猪だらけなので、農業をしている人はみんな苦労しているようだ。

セミの羽化に出会った。
種類はわからない。
昨日からミンミンゼミ、今日からはクマゼミも混じって鳴いている。

海岸では、テントを張ってキャンプしている若い人がたくさん。
早朝からバーベーキューして大音響でロック鳴らして。
釣りの人は、それに背を向けてもくもくと。

この後公園で、ストレッチと筋トレして、走って帰る。
これだけしたら、あとの一日は余生の気分で過ごせるってものよ。

朝食。
沖縄のパイナップル。

ソンタク卵は玉ねぎ、ズッキーニ、ピーマンに赤パプリカ粉で。
クマゼミ君、うるちゃい!

10時からフルートのレッスン。
どんどん細かいところをつめている。
第二音域に上がる時に息を増やさない。
右手の拇指の位置。
右手薬指の位置。

真夏の昼は冷たいうどん。
パクチーも水茄子もハムも載せちゃう。
ピーナツもお酢も唐辛子もかけちゃう。
日本もアジアだよん。

午後は、先週から読み始めていた「騎士団長殺し」の続き。

晩メシは、こんなん。
和からみれば茄子田楽の変奏であり
中からみれば麻婆茄子のデフォルメであり
亜からみればパクチーなんだからエスニックでしょ
茄子と味噌と油はどうしたって美味いんだよ
みたいな、要するに残飯整理ですね。
白ワインで。

お見合い 草枕2017/01/26 07:04

午前の診療を終え、月に一度の税理士さん監査。
並行して、事務スタッフ候補の方と面談。
とりあえず、お見合いは成立。
1,2回のデートをお約束した。

「ブログ拝見しました~。美味しそうでした~
と言われてしまった。

また食べ物です~
晩メシ~
鶏つくねと干し白菜のスープ。

千葉から到来のほうれん草は、柚子醤油浸し。

これも千葉から到来の椎茸とつぼみ菜は、豚・卵と炒め物。

これも千葉から到来の辛味大根を鬼おろしでおろし、
庭の金柑と一緒に。

こうしてみると、肉と卵は生協から配達、野菜は千葉から到来。米は山形から到来。
店で買ったものを全然食べてない。

漱石の「草枕」を読了。
非常に斬新でユニークな小説。
漱石はこれを、2週間ほどで書いたらしい。
すごいスピードだ。たまげた。
御那美さんという印象強烈な女性には、モデルがいて、
その人は、小説の那美より、もっと強烈な人だったのかもしれない、
というようなことも、Wikiで関連の記載を読んでみて、思った。

MAROワールド2017/01/08 23:13

あさんぽ。
空は雲におおわれ、光とぼしい。
海岸のアロエが今一斉に花を開いている。
日本の景色ではないみたい。

梅も咲き初めた。

今日は雨になるというので、
帰って庭の乾いた落葉を堆肥に積む。
今は、庭には花も緑も乏しい。
椿は、開くとすぐに、メジロにつつかれてしまう。

今唯一食べられる葉は、パクチー。
意外に寒さには強いようだ。
温かいと早くトウ立ちして花が咲いて終わってしまう。

金柑はそろそろ食べごろ。
こちらは、ヒヨドリに食われる。

いまさらながら漱石の「草枕」を読んでいる。
若いころ何度か読みかけてくじけた。
今度は読み通せそうだ。
これって、ほとんど前衛小説、実験小説だよね。
いきなり芸術論。
小説そのものが小説論、芸術論であるようなメタ小説。
日本語、中国語、英語と3ヶ国語がそのまま入り混じって出て来るし。
日本語の文体も、平易な説明的描写的文体と、正反対の目がくらむような漢語の嵐のような文体が意識的に使い分けられているようだ。
出来事はほとんど何も起きない。
なんだこりゃ、と、それが面白く思えたら、やめられなくなった。
1970年代の角川文庫で読み始めたが、あまりに字が小さくて読みにくいので、最近の新潮文庫に乗り換えた。

午後は、王子ホールで、「MAROワールド」シリーズの第30回を聴く。
大好きな作曲家の一人、フランシス・プーランクが、ジャン・アヌイの劇につけた付随音楽「城への招待」という珍しい作品を、朗読、演出をつけ、ピアノ、ヴァイオリン、クラリネットのトリオで演奏したのが、第一部。こんな珍しいものを聴けただけでも、収穫。
第二部は、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」。今回初めて思ったことだが、これってほとんどショスタコーヴィチだよ。言葉でなかなか説明しづらいけど、音の皮肉、ユーモアの質が、ショスタコーヴィチにすごく近い。サン=サーンス、只者じゃないな。あたりまえか。
プログラムはここまでだが、MAROワールドシリーズは、毎度番外編が面白い。フォーレがワグナーの「リング」をパロったピアノ連弾曲「バイロイトの想出」なんて珍しいものが聴けたし、今回初めて聴いたフルーティスト、竹山愛さんの特殊奏法もおもしろかった。読響ソロ・ヴィオラの鈴木康浩さんがブラームスの第2ソナタの第2楽章を弾いているうちに、そっと入ってきたN響パーカッションの植松透さんが小太鼓でジャズのリズムを刻みはじめ、ピアノもジャズになってしまい、鈴木さんしばし呆然とか。出演者11人それぞれに出番があって、名手の音楽宴会みたい。
このシリーズ、お薦めです。次回は4月、ピアノの清水和音さんたちと、ドヴォルジャーク。

ところで、今日、見ず知らずの男に、蹴られた
JRの改札を出るときに、向こうから入ろうとして待っていた男が、
すれ違った直後に、こちらのスネを蹴ったのだ。
改札で、立ち止まって待つ結果になったのが気に入らなかったのか。
無言であったし、振り返りもせずに立ち去ったので、推測するしかないのだが。
怒りや鬱屈を溜め込んで、爆発寸前になっている人が、どこにいるかわからない。
そういう人と、どこで遭遇するかわからない。そう考えると、かなり怖い。

秋の密使2016/08/11 16:08

休日の地元あさんぽ。
昨夜、二波の大雨に乗って、秋の最初の使者たちがひそかに送り込まれたらしき気配がそこかしこに感じられる。
空気の匂いであったり。

葉や実が樹から落ちる音であったり。

朝の光だったり。

空気の色あいだったり。

それは、朝のほんのひとときしか感じられない程度のかすかなものだったけれど。

帰ってシャワーを浴び、7時からオリンピックのサッカー予選リーグ最終戦、日本対スウェーデンをテレビ観戦。
1対0と最少差での勝利ではあったが、引き分けに終わったコロンビア戦に続き、世界の強豪国を相手に、とても面白い、目が離せない好ゲームを見せてくれた。
順位がどうとかよりも、もう少しこのチームの試合を観ていたかった。

ひるめし、エスニック素麺。
鯛の残り物のづけをメインに
玉ねぎ、キュウリ、プチトマト
谷中にミントにパクチー。
麺汁に魚醤を混ぜて。
缶ビール一本飲んで、しばし、シェスタ。

引っ越しの時に処分を逃れたこの本を、ひっぱりだしてまた読んでいる。
1986年の一刷だから30年も前に出た本で、とっくに絶版になってるらしい。
仕事に疲れて読み始めると簡単に一時間ほどがつぶれてしまう。
寝る前に読み始めると寝そびれる。
クラヲタにはひどく面白い困った一冊。
あ、そういえばこんな本を読みたくなるのも、秋の密使の仕事だな。
そうに違いない。

午後は、半年後にやる予定の漢方講演会の準備に早くも着手。
ふと見ると、窓の前の月桂樹にやってきた客は・・
エナガ、かな?

夕食。
地物鯵の塩焼き。
鯵はだいたいいつも美味しいのだが、それでも味の差が意外に大きい。
今日のは、中型で、非常に美味しい。

千葉から到来の巨大な緑色の茄子は、蒸し茄子にして3色のタレで。
谷中を入れた和風、
プチトマトとバジルとオリヴオイルの伊太利亜風、
そしたパクチー、ニンニク、唐辛子、胡麻の亜細亜風。

残り物、ローストポークという名の焼き豚の残りはセロリと。

頑張ってたくさん食べた。
つもり。
BMI:18.5はちょっと少なすぎるからね。
酒は岩手の赤武の残り→福島の廣戸川。
もう寝るぞ。

寝ようとしたら、カネタタキやコオロギの声が庭から。
やっぱり秋だ。
僕らが寝ている間に、秋の密使たちは着々と仕事をしていく。
そしてある朝、すっかり秋になっているのだ。

同時多発進行の日曜日2016/07/24 22:42

あさんぽ。
最近は休みの日も夜明けと共に覚めて散歩する。
散歩の途中に公園でストレッチと筋トレして、
帰りは少しジョギングする。

畑のベリー。
これは何ですか、と訊いてみた。
なんとかベリー、と返ってくると思ったのだが、
「木イチゴですよ」と言われた。なるほど。

畑のズッキーニ。
家でも植えているが、こんなに大きな株にならないし、未だ実らない。

大木の切り株に、白いキノコがびっしり生えていた。
梅雨がいつまでも明けず、湿気が高いせいだろうか。

海岸は、投げ釣りでキスを狙う人がちらほら。

朝食食べたら眠くなった。
うつらうつら、昼まで寝ては覚めて、残っていた本を読み上げた。
ガルシア・マルケスの「族長の秋」。
難物だった。2ヶ月近くたらたら時間をかけて読んだ。
強すぎる酒のような、夏の昼寝の汗だくの悪夢みたいな。
なにせ3、40ページの間、一度も改行がない。
しかも話者が勝手にどんどん入れ替わる。
時代もどうやら100年分くらい行ったり来たりしているようだ。
誰が何の話しをしているのかよくわからなくなってくる。
でも、まさにそのように意図して作られた作品なのだよな。
そして、非常に力強い。
光と音と匂いと色彩にあふれかえっている。
解説によれば、作家はこれを書くためにスペインからカリブに移り住み、
バルトークとあらゆるカリブの民俗音楽を浴びるように聴きながら書いたとか。
まさに、そういう作品だ。

昼は、ソーメン。
午後は、ツレアイのデスクトップPCを、ウィンドウズ7から10にアップグレード。
え、アップグレードはしないんじゃなかったのって?
君子じゃなくても豹変はするのさ。
無償アップデートは、この週末がラストチャンスだからね。
忙しい時にやってトラブると嫌なので阻止してたけど、
今日明日は時間があるのでじっくり。

まずはバックアップのシステムイメージの作成。
ところがぎっちょん、外付けHDDがUSB2.0だから時間がかかること!
ってわけで、並行していろいろ。
車の保険を更新。
山靴の手入れも終了。
笛のお稽古。
夕方5時、う~んまだシステムイメージやってやがる。
USBの3に慣れちゃうと2の遅さにはちょっと耐えられない。
ようやくシステムイメージはできたが、
システム修復ディスクの作成がどうしてもできない。
目をつぶって先へ進んでしまう。

晩飯は完全ベジタリアン。
島豆腐を焼いて、千葉のらっきょうを刻んで醤油と酢と胡麻油に漬けたものを載せる。

佐島の生ヒジキ煮物

千葉から到来の茄子は焼き茄子に庭のミョウガと共に。
今夜はツレアイ食当、オイラPC 担当。

しかし夜10時になってもアップグレードは終わらない。
放置して就寝。