ベートーヴェン、中村憲剛、秋刀魚の味2017/11/04 22:51

暗いうちに起き、ようやく明るくなったころに家を出て出勤。
東海道線下りはこの時間から満員で、グリーン車にはビールを飲んでいる人も見える。
そうか世間は3連休の真っ最中。天気も悪くない。
オイラは空いてる上り線で仕事に。

今日はいつもの漢方診療にインフルエンザワクチンの接種が混じって忙しめ。
若い時のベートーヴェンの作品をCDで鳴らしながら、元気に正面突破。
まずは作品2のピアノ・ソナタ、フリードリヒ・グルダの演奏。
次、作品18の弦楽四重奏曲、モザイク四重奏団のピリオド楽器での演奏。
作品12のヴァイオリン・ソナタは、ハスキルとグリュミオ。
続いて作品5のチェロ・ソナタ、ケラスとメルニコフ。
そして最後、作品15のピアノ協奏曲、アンスネスのピアノで!

どれも素晴らしい作品の素晴らしい演奏。
ベートーヴェンといっても後に色濃くなる悲劇的なもの、息苦しいまでの徹底、闘争的なところはまだなくて、純粋で自発的な天才性が、自然に溢れ流れている感じがする。

午後2時までの診療を終え、樹の花で昼食。
ネットで、ルヴァンカップ決勝の経過を追う。
セレッソ大阪対フロンターレ川崎、どちらが買っても初優勝。
セレッソも好きだが、うーん川崎・中村憲剛選手の笑顔が弾けるところを見たかった。残念。
憲剛のプレーをエレガントと評したのはオシムさんだったろうか。
最高の選手の一人だと思うが、タイトルからは見放されている。
選手生活最晩年にさしかかっているはず。
彼が優勝して喜ぶところを、一度は見たい。

生姜(ショウキョウ)
良姜(リョウキョウ)
乾姜(カンキョウ)
茴香(ウイキョウ)

霍香(カッコウ)
葛根(カッコン)
滑石(カッセキ)

山梔子(サンシシ)
山査子(サンザシ)
細辛(サイシン)
山茱萸(サンシュユ)

龍骨(リュウコツ)
竜胆(リュウタン)

帰りの列車の中で、生薬の名称一覧とにらめっこ。
調剤薬局での過誤防止のため、処方箋上の生薬の記載を、厚労省マスターによるカタカナだけでなく、要注意のものについては上のように漢字を併記してみることにした。
漢字の方が直感的に差がわかりやすいし、漢字が書いてあるものは要注意、という注意喚起にもなることを期待している。完璧は、言うまでもなく、無いのだが。こういうことが割に簡単にできるのが、電子カルテソフト・ダイナミクスの良いところだ。

ムスコその1と、その2夫婦が来て、
夕方から海鮮BBQという名の青魚炭火焼き宴会をやっていた。

写真は、ムスコその1のFBから拝借。
残り火で、秋刀魚と鰯を一匹ずつ焼いてもらって夕食。
今年の秋刀魚は、やはり脂の乗りがもうひとつか。

暗くて寒い雨の日は2017/10/29 15:01

クラリネット・ソナタの第二番
ホルン・チェロ・ピアノのトリオ
弦楽六重奏曲第二番
弦楽四重奏曲第三番
・・・
今日みたいな暗くて寒い日は、
ブラームスの室内楽から抜けられない。
風が冷たくて露天風呂から出られないみたいに。
ありゃ、比喩がハルキってるな。

台風22号は沖縄方面から北上し、日本の南岸を舐めるように進んだ。
午後は庭木がちぎれそうに揺れ、滝壺に入ったような雨が通り過ぎた。
一歩も家の外には出なかった。

そんな天気の中、
湘南ベルマーレはホームの平塚で岡山と試合をして1-1で引き分け、
今シーズンの優勝とJ1昇格を決めた。
めでたし!

おこもりの日の残飯整理夕食。
キャベツと豚肉のパクチー炒め。

千葉産オオマサリ三種煮びたし。

賞味期限切れ秋刀魚缶詰と人参の煮物。

食い終えるころ、気がつけばビタリと雨風が止んで、庭から秋の虫の音が聞こえる。
外を見ると星空だ!

今季2度目のベルマーレ観戦2017/09/30 22:09

春先以来今季二度目のベルマーレ応援に平塚へ。
6時には、すっかり日が暮れている。


ショスタコーヴィチはサッカーが大好きだったそうだ。
サッカーに、純粋な遊戯性を見ていたのかもしれない。
ともあれベルマーレが勝って良かった!

あっという間の失点が2点もあったが、
非常に積極的、連動的な攻撃で4点も取った。
怪我で離脱していた菊地俊介が復帰したことも、
チームに活力を与えていたのかもしれない。

帰宅して、遅い晩飯。
勝利のパクチー醤油塩ラーメン!

ソファに寝転んで、しばし天井を眺める。
山小屋のように作ってもらったこの家。
今日がちょうど引っ越しから四年めだ。
4年前は、搬入が夜遅くまでずれ込み、床いっぱいにとにかく物を入れて、
日付が変わるころに車で平塚までメシと風呂に出かけたのだった。
もう4年にもなるか。。

サウジ戦、ゴミメール、迷信2017/09/06 20:17

目が覚めたら、ぴったり2時半だった。
わかったよ、観るよ。
テレビをつけると、ちょうどキックオフ。
ワールドカップアジア最終予選の最終試合、相手はサウジアラビア。
蒸し暑いぶん、埼スタの時より出足が少しにぶいかな、日本代表。
後半は完全に足が止まって何もできず。
マシだった前半に得点を決めておかないと勝機は無かった。
埼スタの涼しさは、カミカゼだったか。

それにしても、前半だけ左ウィングで出た本田は、精彩が無かった。
このまま消えて行くのか。
不在が効いて、改めて存在の大きさを知らしめたのは、長谷部と大迫。
大迫はともかく、長谷部の代わりはどうするのか。
井手口は二試合フル出場して、存在感をますます確かなものにした。

夕刻に到着、即、ゴミ箱直行のメール。
タイトル:
 【公共料金請求書データ送付の件】
本文:
「お疲れ様です。
平成06年9月分の公共料金請求書データーをお送り致します。
請求書をご確認の上、支払伝票に必要事項を入力 し
返送をお願い致します。
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。」
エクセル・ファイル添付。
添削するなら、「お疲れ様です。」の一行は削除、「データー」も削除。
「平成06年9月」は「平成19年8月」に訂正。
ヒマだねオイラも。

梨を夜に食べるとおなかにウジがわくから食べてはいけない。
そう言われて育ったから、大好きだけど夜は食べない、という人がいた。
ネットで調べてみた。
母乳にムシがわくから妊産婦は梨を食べてはいけない、という話しのほうがヒットした。
どちらももちろん根拠無い迷信と思うが、
どうしてこんな話しが出てきたのか興味深くはある。
なんでやろ?
梨は農薬による防除をしないとほぼ収穫できない、なんて書いてある。
ムシがつきやすい、ということから来ているのか?
桃とか他の果物だってムシはつきやすそうな気はするけど、どうなんだろう?

更年期とサッカー後遺症2017/09/01 20:21

「それはあなた、更年期よ。
精神科じゃなくて内科の先生のところへ行って
デパスとマイスリーを出してもらいなさい。
あなたの年齢の女性はみんなそうやってやりすごすのよ」。

精神科の治療がうまくいかなくて、薬剤師さんに相談した。
そうしたら、このようにアドバイスされたそうです。
う~ん。
ありそうな話しではありますが、問題点満載であります。
4行、それぞれ問題あり。

それはそうと、「二十四時間の興奮」
アカン・ヘネ監督作品。
この爺さんも問題あり。