パワポ連休2017/05/03 21:23

夜明けとともに起き出し、庭の伸び過ぎた草木を切ること一時間。
その後朝ンポ。


暑くなりそうだ。

ツレアイ作のバゲットサンドとオイラ作のサラダで美味しい朝めし済ませた。



さあ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ!
わはは早くしようね!

7月のセミナーの準備。
この3連休で骨組みが組み上がらないと間に合わないと思われ。
ふう。基本設計くらいは、頭の中にはあるんだけどね。
建設工事はそれなりに大変。


ってできかけのこんあスライド一枚FBにアップしたら、
生薬学者のM先生から
大黄は生薬名なので、ラテン語名はあるが学名は無い。
学名を問うなら種名に対応させるべき、と鋭いツッコミあり。
確かに。ありがたやありがたや。

午後2時、昼めしは、麦いか煮物の第二次リフォームで、和風イカ墨スパに。

山椒はどうしたって美味い。
日本のハーブの王様だ。
さあ、午後の仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ、仕事するぞ!
その前にちょっとシエスタ。

よしっ!
ホームゲームなのに観戦に行かず、ダゾーンも無視してるとベルマーレは勝つ!
ああ、私はベルマーレに対しては、見るものを石に変えてしまうメドゥーサなのか。
いっそ盲いてオイディプスたらむか。

ばんめしは簡単に。
サンフランシスコのサラミ。

新玉ねぎと鯖バジルオイル漬けと庭の絹さやのサラダニソワーズ。

コノスルのヴィオニエで。
明日も早起きして仕事するぞ!
わかったよ。黙ってやれ。

今期初観戦は快勝2017/03/25 22:42

診療を終え、昼めし食わずに平塚・BMVスタジアムへ急行。
サッカー今シーズン初観戦。
我がごひいき湘南ベルマーレと、スタッフその1ごひいきジェフ千葉の対戦だ。
天気は悪くないが、夕方はまだ足元が冷える。
足にホッカイロ貼っての応援。


ジェフはアルゼンチン人の新監督を迎え、だいぶ違うぞ、と聞いてたが、驚いた。
超ハイライン、ハイプレス、ハイリスクのトリプルハイなサッカー。
キーパーもペナルティーエリアの外で守る時間が多く、
キーパーのヘディングを何度見たことか。。
ここまで徹底していると、ハラハラを通り越して笑えるくらい。

湘南は押し込まれる時間もあったが
若い斉藤未月君の快走など見どころもあって2-0の快勝。

地元チームの祝勝は、地場の材料を大事にした地元レストランで。

ポテサラと釜揚げシラスの前菜。
シラスは、上出来の釜揚げ一番。


小山のマスのスモークと地物野菜、菜の花のソース。
この店の野菜はみんな美味しい。


メインディッシュは、相模湾の鱸ポワレ。


国産ワインに力を入れるのは最近のトレンドだけど、
この店は10年くらい前からじゃないかな。


以上、平塚駅南口徒歩5分の完全禁煙「H・M(アッシュエム)」にて。

ベルマーレの選手も監督も、よく来ているそうな。

来月、昔の音楽仲間と開く音楽宴会の料理を、ここに頼むことにした。

どっきり処方 びっくりゴール ステーキに酒2017/03/04 22:34

怒(ド)っきり処方
80代の熱も痰も無い喘息患者の咳に
オラセフ3錠カフコデ6錠分3だぁ?
痰が切れなくて苦しくて・・ってそりゃそうでしょ。
オラオラオラ、セーフじゃないよ。
ってジョーダン言ってる場合じぇねーぞ。
デンジャラス!

解説。
コデってつく咳止めは、コデインが入ってる。
咳止めとしては強力だが、
分泌を抑制して痰が切れなくなるし
呼吸抑制作用もあるので、気管支喘息には禁忌!
なんですよ。
内科医なら、あってはならない処方です。
軽い風邪なら手近なところで・・って患者さんは思うようで、
一番近い医療機関に行くことが、多い。
特に高齢者とか、子供が何人もいて働いてるお母さんとか。
そうすると、「●●科、内科」っていうナンチャッテ内科とか。。
まあ、私も「わかんない科」ですけどね。

びっくり初得点
湘南ベルマーレの高卒新人杉岡君。
先週の開幕から先発フル出場で驚いたが、早くもGOOOOOOOOAL!!
バックラインの選手が、ドリブルで持ち込んで自分で打った。
ただ者じゃない。
高校ナンバーワンディフェンダーの触れ込みは伊達じゃなかった。
楽しみな選手だ!

晩メシ。
ランプステーキ


プチヴェールは蒸してオリーヴオイルと塩で。


あとはメゾンカイザーのカンパーニュにエシレ。
赤ワインの在庫がなかったから来福宝船特別純米で。
ぜんぜん問題ない!

シーズンオフ2016/12/28 15:36

今シーズンのJリーグ優勝を決める浦和対鹿島の試合は、
オイラにとっては、
今季からこれらのチームに移籍した元湘南の遠藤航永木亮太の対戦だった。

そして来季J2に落ちてしまう湘南から、
またこの2チームに、中心選手が2人移籍することが正式に発表された。
菊池大介が浦和に、三竿雄斗が鹿島に。
二人には、遠藤、永木に続いてポジションを獲得して活躍して欲しい。
そう願うけれど、湘南ファンとしては、非常にツライ。
2年間で、主将クラスの中心選手4人が次々に抜けしまうことになったのだから。
来季は神谷優太齋藤未月といった10代の選手たちに、
大きく大きく成長してチームの柱になって欲しい。
遠藤も菊池も、10代から湘南の柱になっていたように。
すると彼らもまたビッグチームに移っていくのかもしれないけれど、
それは弱小クラブの宿命というより積極的な使命として引き受けていくしかない。
がんばれ湘南。
J2になると日曜の試合がほとんどだから、今年よりは観にいかれると思う。

今日はシーズン中の寝不足・飲み過ぎが疲れになって出たのか、
眠い、頭は回らない、おなかはゆるい、不整脈は頻発、なので
おとなしく机の前でやり残した仕事を少しずつ片づけつつ、昼寝また昼寝。

日没時間を見計らって山さんぽに出る。
冬の山道は落葉の絨毯。

水仙はもうあちこちで花を咲かせている。

今日は空気がクリア。
江ノ島の奥に三浦半島、その奥に房総半島の山なみ。
この左手には、遠く東京の高層ビル群もよく見えた。

相模湾は軍用機の飛行が多い。
大島の右手に利島も見える。

4時半過ぎ、箱根の山に日が落ちた。
展望台では、箱根駅伝の中継の準備が進んでいる。

山の北側へ下り、西側の山裾の道を走って戻る。
八千歩。
歩数の割にアップダウンが足腰に来る。

晩飯。
小ガンモドキと青梗菜の煮物。

どことも知れぬ亜細亜の田舎の煮物料理という感じ。
干白菜、干大根、干人参をスパムミート風のミートローフと重ね、
酒と水とヴェトナム風のピリ辛エビスープで蒸煮にし
片栗粉でとろみをつけて、パクチーを載せた。

大根の皮と柚子の即席漬け。
塩もみのあと、醤油と胡麻油に漬ける。

10時半には就寝。
いくらでも眠れる。

2016年9月のまとめ2016/09/30 07:14

駅への道に落ちてたのは、ヒモじゃなくてヘビ、だよな、やはり。
どうして死んだか…

9月最後の日。
今年の9月は、ミツユビナマケモノの飼育条件にぴたり合致する。
そう言っていた人は、セイウチに癒やされている女性であった。
ミツユビナマケモノは、中米のジャングルに棲む、こんなヤツ。

9月のまとめを。
勉強会は、女子医大の研究会出席1,仲間内の研究会1。
仕事の上では、母親が感染症を起こし、抗生剤点滴で何度か往診。
秋休みを取っていたが、天気も雨ばかりで、母親の往診と、検診アルバイトにほぼ費やして終わった。
音楽会は、パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響のマーラー8番、ブルックナー2番、モーツァルトのピアノ協奏曲27番。モディリアニカルテットのシューマン。知り合いのピーティー田代櫻さんの、チェロリサイタル。どれも良かったなあ。
自分の楽器を桜井秀峰さんにオーバーホールしていただき、これを機会にレッスンも遠藤尚子先生にお願いすることにした。
ひと月まとまった日照がほとんどなく、毎日のように雨が降る9月だった。
山には入れなかったし、散歩ジョギもできない日があり、ひと月の歩数は22万5千歩程度と、7,8月よりも少なめになった。
サッカー観戦は、湘南対福岡の1戦。零封されて、湘南はJ1最下位に。苦しい苦しい試合だった。
う~ん。こうして振り返ると、なかなか重苦しい9月だったな。