タコチュー2017/09/19 16:48

昨日は、結果ほぼ断食の一日だった。
みなべ町の南高梅を4個とお湯を1Lほど飲んだ。
最後だけ、ちょびっと、ほんのちょびっとよ、これほんと、熊本の芋焼酎も混ぜた。
んで、テレビドラマを見たのはいったい何年ぶりか何十年ぶりか、
「眩~北斎の娘~」ってのを、観てしまった。
馬琴を演じていたのが野田秀樹だったとは。
せっかく一日毒抜きしていたのに、また毒を仕込んだような気もする。

10時就寝、5時半起床。
あさのなぎさんぽ。



日が当たるともう暑い。
食べていないせいか、少し走ってみたが息が上がって走れなかった。

朝は、梨を一個。
昼は、素うどんを一杯食べた。

腹が痛くて頭が痛くていくらでも眠る。
事務スタッフは、過労だという。
確かにやたらと仕事入れて、合間にやたらと音楽聴いて。
心身の手入れの時間も少なくなっていたから、
疲れていたのは確かだ。

でも、自分では土曜に聴いたショスタコーヴィチ第七交響曲の急性中毒と思っている。
名付けて急性タコ中
先日の演奏は、ツイッターなどでも大評判で、
座席から立ち上がれなかったという人、
自分も周りもみんな泣いていた、という人、
などなど、強いインパクトを受けた人が多かったようだ。

音楽が人間に与えるインパクトは、必ずしも感情的なものにとどまらない。
全人的なものだから、身体的な「症状」となって現れることだって確かにある。
これだけ烈しいのはめったにあることじゃないと思うけれど。

ショスタコ中毒?2017/09/18 15:35

烈しい風雨は深夜一時半過ぎからの小一時間で、
朝にはハワイのような海風が吹き渡る晴天になっていた。
どうやら土曜夜に聴いたショスタコーヴィチ第七交響曲にあたったみたいだ。
昨日からずっと腹が痛い。
朝めしは食わずに久しぶりの散歩に出た。

まだ波が高く海岸には出られない。


今日は梅干しと蜂蜜でも食べて心身の建て直しだ。

ジョギング、昼寝、そして、ためた「こけた」のキャッチアップ。
8月の分を今ごろアップした。

腹が痛いし、頭が痛いし、腰も痛い。
今日中になんとかしないとね。
昼寝ばかり。

菩提樹の実が固くなった2017/08/23 17:35

晴れた朝、久しぶりに日比谷公園の菩提樹に会いに行った。

ハート型の葉は遠くから見るとわずかに茶を帯びており、
実は固くなって噛んでも歯がたたない。


落葉・落果へと季節は進んでいる。

この8月は梅雨時のように雨が多く、
昨年は週2回くらいはしていたあさんぽができていない。

物語り2017/08/02 17:21

また減っちまった。
スネかじるやつはいなくなったのになぁ。

物語の聞き手になることが僕らの役割かもしれない。
聞き手になるということは、語りての語りを導くことかもしれない。
語られた物語は、語り手の物語かもしれないけれど、
聞き手の物語でもあり、
二人の関係の中で初めて成立した物語かもしれない。
というようなことを、今日は実感した。

難しいと思うのは、こういうことは、意図してできることではなくて、
ある時に、出来事として起きる。
その媒体になるだけ、というような感じ。

意図してそういうことをしようとすると、起きることは最悪かもしれない。
できることは、職業的に最低限のことをしながら、
起きるべきことが起きた時に邪魔しないように準備していることだけかもしれない。
職業訓練的にできることは、時間かせぎのような「最低限のこと」ができるかどうか、程度のところだけかもしれない。

走ってころんで船に乗った2017/07/23 11:05

地元あさんぽ。
今日は少し風があって海は荒れ気味。
昼に東京湾で舟遊びの予定だが少々揺れるかも。




帰り、ジョギング中に躓いて転んだ。
二三歩足は出たけど、支えきれずにサイクリング道路に転がった。
足が出た分で、膝と掌の軽い擦り傷で済んだが、
足が出なくていきなり腕をついたり顔面制動するようになると、大怪我になる。
あぶねえ、あぶねえ。

尚これは、頭ではありません、膝頭です。

昼は、師匠の受賞を祝う船遊び。

昼からルービンリキ!!

師匠の寺澤捷年先生が、全日本学士会・アカデミア賞を受賞された。
弟子たちが集まった。
船は、寺澤先生が生まれ育ったスカイツリーの麓へと、隅田川を遡上した。

寺澤チルドレンに囲まれて生まれ育った地へと凱旋し、
そこで愛する煙草を一服して心臓発作でコロリと逝けば夢のようだが、
そんなことでくたばる師匠ではあるまい。
などと不届きなスピーチをした弟子が約一人いた模様である。

昼から天ぷらなんか食べちゃったから、ばんめしは軽く。
ズッキーニとハムのショートパスタ。
ビーツとゆで卵のサラダ。
赤い野菜の自家製ピクルス。

デザートに熟れきった桃。

朝開純米で。