タコチュー2017/09/19 16:48

昨日は、結果ほぼ断食の一日だった。
みなべ町の南高梅を4個とお湯を1Lほど飲んだ。
最後だけ、ちょびっと、ほんのちょびっとよ、これほんと、熊本の芋焼酎も混ぜた。
んで、テレビドラマを見たのはいったい何年ぶりか何十年ぶりか、
「眩~北斎の娘~」ってのを、観てしまった。
馬琴を演じていたのが野田秀樹だったとは。
せっかく一日毒抜きしていたのに、また毒を仕込んだような気もする。

10時就寝、5時半起床。
あさのなぎさんぽ。



日が当たるともう暑い。
食べていないせいか、少し走ってみたが息が上がって走れなかった。

朝は、梨を一個。
昼は、素うどんを一杯食べた。

腹が痛くて頭が痛くていくらでも眠る。
事務スタッフは、過労だという。
確かにやたらと仕事入れて、合間にやたらと音楽聴いて。
心身の手入れの時間も少なくなっていたから、
疲れていたのは確かだ。

でも、自分では土曜に聴いたショスタコーヴィチ第七交響曲の急性中毒と思っている。
名付けて急性タコ中
先日の演奏は、ツイッターなどでも大評判で、
座席から立ち上がれなかったという人、
自分も周りもみんな泣いていた、という人、
などなど、強いインパクトを受けた人が多かったようだ。

音楽が人間に与えるインパクトは、必ずしも感情的なものにとどまらない。
全人的なものだから、身体的な「症状」となって現れることだって確かにある。
これだけ烈しいのはめったにあることじゃないと思うけれど。

The Six2017/09/15 18:21

フランス6人組って誰だっけ?
プーランクでしょ、オネゲルでしょ、
えっと、あとは・・ダリウス・ミョーもそうか。
あと誰だ?
ジョルジュ・オーリック
ジェルメーヌ・タイユフェール
ああ、そんな人もいたな。
そして、ルイ・デュレ
え・・そんな人いたっけ?

この6人全員の作品が聴ける貴重なCD。
先日御茶ノ水のディスクユニオンで入手。
この数日毎日聴いてみている。

エミリー・バイノンが吹いている。
バイノンの音は個性的で好みが別れるかも。

サヴァール・トリオのケルト音楽2017/09/14 18:42

午前の仕事を終え、
午後は介護保険の意見書書きなどなど。

6時からは、王子ホールで、このコンサートを聴く。

開演二十分前、ホールへのエレベーターに乗ったら、
後からサヴァールさん御本人が乗ってきたから驚いた。
みんな半信半疑であっけにとられていた。
松屋百貨店の袋を持っておられ、
開演直前の短い空き時間に、お買い物に出られたものと想像された。
プロの余裕だなあ。信じられん。

ステージ、素晴らしかったですよ。
玄妙とでも言うのかな。
サヴァールさんは、風貌からして王様という感じなのであった。
アイリッシュハープのローレンス=キングさんは、
名前は王様だけど風貌は太っちょな肉屋さんみたいで、
しかし出て来る音は実に繊細なのであった。
そして、マグワイアーという人が叩く、ボラーンという太鼓。
これが、音程も音色も実に多彩な響きを出す。
楽器の大名人というのは、すごいものだ。
とにかく表現の幅というかスペクトルというかパレットというか語彙というか、
それが豊かなんだよなあ。

パーヴォ指揮N響のドン・ジョヴァンニ2017/09/11 22:52

午前、戸塚出稼ぎ。
横浜に出て昼食、牛肉のフォー迫力のパクチー増量!

ちょっと昼寝がしたいところ。
食後のコーヒー飲んでしばし瞑目。

午後、みなとみらいホールでパーヴォ・ヤルヴィ指揮の「ドン・ジョバンニ」を聴く。
いやあ、期待を大きく上回る素晴らしい公演だった。
パーヴォは春にこの演目でスカラ座にデビューしたばかり。
300%の準備をしたに違いない。
世界で一番オペラにうるさい聴衆に、ひと言の文句も言わせない!
そんな意欲が漲って、パワフルで繊細で雄弁。
精緻な合奏とドラマティックな展開に
ぐいぐいと引き込まれてしまった。

ドン・ジョヴァンニ:Vito Priante
レポレッロ:Kyle Ketelsen
騎士長:Alexander Tsymbalyuk
ドン・オッターヴィオ:Bernard Richter
ドンナ・アンナ:Georgia Jarman
ドンナ・エルヴィーラ:Lauren Fagan
マゼット:久保和範
ツェルリーナ:三宅理恵
合唱:東京オペラシンガーズ
演出:佐藤美晴
歌手も皆さん良かったけれど、特にツィムバリュクという人の騎士長の声は凄かった。
最初と最後にしか出ない役だけど、ああいう声あってこそ、この演目の凄みが出る。

終わって、一緒に観た4人で野毛へ繰り出す。
野毛はディープだ。
クラフトビールとシードル専門ってんだからね、この店。

マンサクを漬け込んだIPA、桃のエール、材料を3倍使ったベルギータイプのトリペル
そしてシードルは、アポーワインその1を飲んだ。
アポーは、そうか、Appleなわけね。わはは。

これが4人分の前菜盛り合わせ。

この店は2度めだが、また来たい。
野毛ウェストエンドって店。

水銀処分してCDはゲット2017/09/07 21:56

午前の診療を終え、昼めしに。
え? 福神漬?

なわきゃない。
ビーツのポリヤルだった。
丸三年この店には毎週通ってるが、ビーツを供されたのは初めてだ。
ビーツはボルシチと結びついて北の食材のイメージだったが、原産は地中海沿岸。
訊けばインドでもよく食べるそうな。
連続ビブ・グルマンの南インド料理店ダルマサーガラで、392回目のランチ。
毎度のライト・ミールズ、税込み1,080円也。
オイラの元気の生命線。

夕方、神田駿河台の都医師会館へ。

使わなくなった水銀血圧計3台を持って雨の中、タクシーで。
有害な水銀を使った血圧計や体温計は使わないことにしよう。
そういうコンセンサスはだいぶ前にできている。
当院も、水銀を使わない電動式の血圧計を導入済みだ。
しかし、使わなくなった血圧計の処分が大問題。
きちんとしたルートに載せないと、環境汚染に手を染める。
個人で処分業者に持ち込むのは、手間も値段も驚くほどの負担になる。
で、医師会がやっている。自主回収事業の枠で、
まとめて廃棄処分してもらうことにした。
今年で6年めの事業。昨年は2000以上の血圧計が集まったそうだ。
当院のように医師会に加盟していない医療機関にも門戸を開いてくれている。
大変ありがたいことだ。

しかし・・・。
神田駿河台は危険地帯だ。
帰途、やはり吸い込まれてしまいまった、ディスク・ユニオン。
ペーター=ルーカス・グラーフ、エミリー・バイノン、ウィリアム・ベネットといった少し前の名フルーティストたちのCDを4枚買ってしまった。

そして、東京駅での乗り換え。
中央線を降りて階段を降りると。。そう、そこは長谷川酒店。

ばんめし。
ツレアイたちが前夜開いた第4回こども食堂の残りと副産物たち。
残り夏野菜の定番、ラタトゥイユ。

トマトソースの残りはパスタに。

自家製ピクルス盛り合わせ。
セロリ、人参、紫玉ねぎに、ビーツ。

いづみ橋秋トンボ雄町で。
日本酒は無敵なり。