アレグラ2017/09/22 12:41

雨になる予報だが、朝の空はだおだやか。

ホトトギス

花が虫みたいで気持ち悪いという人もいる。
ほんとの虫がついていることも多い。
でも今うちの庭から持ってこられる花はこれくらいしかない。

アレグラ
今は薬局でも買えるベストセラーの抗アレルギー剤だ。
最大のセールスポイントは、眠くならないこと。
でも効きが悪いって何人かから聞かされたものだから、
自分で試したことはなかった。
エバステルも
アレジオンも
クラリチンも
ジルテックも
ザイザルも試したのに。

んで昨日から試してみてる。
そこそこ効くじゃん、眠くないじゃん。
いいじゃん、今さらですが。
秋の花粉症、今けっこうひどいですね。
目が痒い、耳が痒い、鼻が痒い、喉が痒い。
人によっては肌が痒い、喘息が出る、頭が痛い。
いいと思いますね、アレグラも。

アレルギー専門の友人の医師によると、
アレグラは、眠くならないが、逆に不眠の副作用を起こす人があるという。
確かに公式の添付文書にも不眠の副作用の記載がある。
小青竜湯をはじめとする生薬・麻黄を使った漢方薬のほうが、
不眠の副作用はもっと多いと思うが。

アレグラの一般名は、フェキソフェナジンという。
ジェネリックだと、この名前になる。
ヘクソヘナチンと言いそうになって困る。

白玉の歯にしみとほる秋の夜の2017/09/21 11:39

朝、ビルに映る空が秋。

午前の診療を終え、午後は月に一度の税理士さん監査。
その後、ランプが切れかけていた看板の蛍光灯を交換。
笛のお稽古。

飲み屋で大声で卑猥な話をするオヤヂどもは顰蹙だが、
大声で自分の加齢臭だの相続の不満だのブチまけ合うオバハンたちも
いい勝負だ。

蕎麦屋で延々と痴話喧嘩してるオバンとオジンがいて
いい加減にしろ!
と怒鳴りつけてしまったことあり若気の至り。

嗚呼、酒はしづかに飲むべかりけり

落果が始まった2017/09/20 12:33

ひと月ぶりの日比谷公園あさんぽ。
これで3日連続のあさんぽでもある。
定点観測している菩提樹を見に行ったのだ。
まだ実はついているが、総苞は茶色く色づいている。

地面を探すと、あったあった、総苞を翼に遠くに飛ばされた実が。
10㍍くらいは飛んだか。

すずかけの実も

カエデの実も落ちている。台風で吹き飛ばされたのか。

こういう早く落ちた実というのは、
早く成熟して家を巣立った子のようなもので立派に発芽して木になるのか。
それとも早産で産まれた子のようなものなのか。
どっちなんだろう?
試しに菩提樹の実をいくつか、拾って帰った。

タコチュー2017/09/19 16:48

昨日は、結果ほぼ断食の一日だった。
みなべ町の南高梅を4個とお湯を1Lほど飲んだ。
最後だけ、ちょびっと、ほんのちょびっとよ、これほんと、熊本の芋焼酎も混ぜた。
んで、テレビドラマを見たのはいったい何年ぶりか何十年ぶりか、
「眩~北斎の娘~」ってのを、観てしまった。
馬琴を演じていたのが野田秀樹だったとは。
せっかく一日毒抜きしていたのに、また毒を仕込んだような気もする。

10時就寝、5時半起床。
あさのなぎさんぽ。



日が当たるともう暑い。
食べていないせいか、少し走ってみたが息が上がって走れなかった。

朝は、梨を一個。
昼は、素うどんを一杯食べた。

腹が痛くて頭が痛くていくらでも眠る。
事務スタッフは、過労だという。
確かにやたらと仕事入れて、合間にやたらと音楽聴いて。
心身の手入れの時間も少なくなっていたから、
疲れていたのは確かだ。

でも、自分では土曜に聴いたショスタコーヴィチ第七交響曲の急性中毒と思っている。
名付けて急性タコ中
先日の演奏は、ツイッターなどでも大評判で、
座席から立ち上がれなかったという人、
自分も周りもみんな泣いていた、という人、
などなど、強いインパクトを受けた人が多かったようだ。

音楽が人間に与えるインパクトは、必ずしも感情的なものにとどまらない。
全人的なものだから、身体的な「症状」となって現れることだって確かにある。
これだけ烈しいのはめったにあることじゃないと思うけれど。

ショスタコ中毒?2017/09/18 15:35

烈しい風雨は深夜一時半過ぎからの小一時間で、
朝にはハワイのような海風が吹き渡る晴天になっていた。
どうやら土曜夜に聴いたショスタコーヴィチ第七交響曲にあたったみたいだ。
昨日からずっと腹が痛い。
朝めしは食わずに久しぶりの散歩に出た。

まだ波が高く海岸には出られない。


今日は梅干しと蜂蜜でも食べて心身の建て直しだ。

ジョギング、昼寝、そして、ためた「こけた」のキャッチアップ。
8月の分を今ごろアップした。

腹が痛いし、頭が痛いし、腰も痛い。
今日中になんとかしないとね。
昼寝ばかり。