寒いけど2017/11/20 06:43

夜明けとともに出勤。
(日暮れと共に寝るんならいいんだがね)
今季初、手袋の出番。
耳あても欲しいくらいだ。
昨夜のメシアンが、まだどこかで渦巻いている。

今日は、地元中央区内で近場出稼ぎ二件。

某所で自分のステートは持ってきましたから、と言ったら
え?ステテコですか?」と言われた。
なお、ステートってのは
stethoscope、聴診器を意味する業界用語。
ステートなんてヘンだな~と思ってるから、
ステテコ?って言った事務さん、好感!
ちなみに、英語でstethoscopeと発音するのを日本語で書くと、
「ステッスコ」みたいに聞こえるから、ステテコと聞こえてもおかしくはない。
オイラのステートがステテコに聞こえたのは、単に滑舌が悪いからである。

姿勢よく、関節は軟らかく
オイラは姿勢が悪くて関節が固い。
でも、そこを意識して矯正すると、
いろんなことが、今からでも少しは改善できるような気がする。
意識するポイントは、下腹と、下顎。

アッシジの聖フランチェスコと奇跡の一日2017/11/19 06:46

7時に起きて、庭の竹やらスイカズラの蔓やらの始末。
1時間半ほどかけて、大きなごみ袋一つにまとめる。
寒い。

朝食の後、月に一度の楽器のレッスンに。
朝日に輝くススキの脇を通り、
川とも呼べない小さな流れの脇の道を歩いていくと、
カワセミが流れの上を山の方へと飛んでいった。
宝石のように輝く青い羽が目に残った。
なんと奇跡の予兆に満ちた日だろうか。

なにせ午後は、メシアンの大作「アッシジの聖フランチェスコ」を聴きに行くのだ。
メシアンは、鳥たちの声に神と世界の聖なる神秘を見出して音楽にした人だ。


レッスン受け終わって、いざ東京へ。
左手の楽器の支えが、指の基部過ぎるので、手首が固くなる。
左手指の上下動に、無用の捻りが混じる。
その矯正が、これから一ヶ月の課題。
こういう具体的技術的な細かいレッスンが、非常にありがたい。

こんな日は、柿の実も、雲の峰も、奇跡をはらんで見える。
駅でツレアイと待ち合わせ、さて、東京へ。


おや、代役で出るのは、パッくん?
これから5時間半の長丁場。
と思ったら、予定より少し長くなり、盛大なカーテンコールもあって、
終わると8時近かった。

目くるめく音色の万華鏡、魔術的変拍子の快感。
カンブルラン読響、よくぞやってくれた。
せっかく小澤征爾さんが指揮して世界初演したのに、
全曲日本初演は遅きに失したような気もする。
とは言うものの、非常に大変だわな〜この曲は。
大曲中の大曲、難曲中の難曲。

メシアンの後の、うちめし庵

豚肉をりんごとレーズンとロゼワインの残りで煮込んだのをツレアイが作り、
オイラは大量にあった人参を、クミン入りキャロット・フォンダンにした。

スープは昨夜オイラが残り物で作って今朝も食べたそのまた残り。
根菜と白菜とネギとベーコン。

和風じゃないよねと、やや洋風にしつらえたけど、
メシアンはアフリカって気もする。
動植物、大地の自然の音の模倣、
そして複雑な魔術的リズムが作り出す非西欧的時間。
どちらにしても、日本とはずいぶん違う。

ひさしぶりのウチメシ2017/11/18 19:46

N響から大きな封書が届いていた。
開くと、年間会員の特典2点が入っていた。
CDは・・う~ん残念。
だいたいの音楽は喜んで聴くが、チャイ様だけは勘弁。
欲しい人がいれば差し上げます。
いなければ、クリニックの年末恒例「ご自由にお持ちください」へ。

カレンダーは、楽器の写真だ。
昨年の団員スナップより良いな。
これは使えそう。

帰宅して家の玄関を入ると、壁にこんなものが。
ツレアイのいたずら。
ゴーヤーに混じってグリーンカーテンにしていたものだ。
正式の和名はオキナワスズメウリ、通称琉球オモチャウリ。
この後、実は赤くなる。
毒があって食えない。
こういうおかしなもの好きなんだよな、あの人は。

ひさしぶりのウチメシ。10日ぶりかな?
赤身牛のステーキ少々に、ローリエで炊いた御飯。
千葉から到来の椎茸とブラウンマッシュルームはニンニクオリーブオイル炒め。

サツマイモのポッタージュ。
次回のこども食堂のための試作というが、じゅうぶん美味い。

秋茄子とプチトマトのミニラタトゥイユ、これはオイラ製。
茄子の皮が固くなってきた。
The Last Tomato of Summer、庭のトマトよ~ ♪

ルッコラと白菜の芯とプチトマトのサラダ

酒はホーリーロザート。
今日こそ早寝するぞ!

出稼ぎの後の夕食は2017/11/16 22:27

午前の診療を終え、夕方から夜にかけて、
東大宮の某要塞にて出稼ぎ。
いや、ヤの字の事務所じゃないよ。
でも、似てるかも。

夜10時、銀座に戻って遅い晩メシ。
昼から九時間、飲まず食わずで空腹感も口渇感も感じないでいられるのは、
老化による衰えの一形態であるやもしれぬ。
アンチョビオリーブの後、チキングラタン。

いまさら矯正いまさら勉強2017/11/15 23:35

自分はビッコでチンバだってことにいまごろ気づいた。
こういう言葉は検閲されるのかな?
自分のことなんだからいいじゃん?
自分ががちゃんと歩けてないことに66歳にして気づいてしまったという話。
歩き方なんか誰も教えてくれなかったし。
能とか日本舞踊とか習っていたら、矯正されていたのかもしれない。
手遅れかもしれないけど、自己矯正中。

あ 今夜は東邦大学大橋病院での勉強会だった。
夕方が混んで遅くもなったし、ヘロヘロになって、寝る頃に想い出した。残念。
難しい話ほど、耳で聞く、目で活字を読む、両方ないとなかなか頭に入らない。
両方あっても頭に入ったつもりでも、
すぐ抜けてしまうんだけども。
でも、新しいことも勉強しようと思わなくなったら終わりかなと思うし。

それにしてもさ、最新の知識と知恵を集積しているはずの
スマートフォンのGoogle日本語入力で、
聖フランチェスコが出てこなくて、
性フランチェスコとか生フランチェスコとかって何よ?
PCのGoogle日本語入力では出るのに。

あ、それからね。
毎年希望して当院でインフルエンザワクチンの接種を受けてるくせに
毎回ヒーとかキャーとか言って足をバタバタするのはやめましょう。
大人がやってもかわいくないです