山の楽しみは帰ってからも続く2018/09/24 22:58

まだ暗い午前5時半に部屋の電灯がパッと点灯し、起床時間を告げる。
直ちに朝めし。
北横岳往復。
今朝は、雲は多いが晴れた。
南八ヶ岳の峰々の向こうは、南アルプス。
ぐるりと回ると中央アルプス、御岳、北アルプス、みんな望めた。
降りて、小屋の近くの七ツ池で紅葉を楽しむ。
写真が無いのは、バッテリー切れ。

下山。
8時20分のロープウェイで下り、
たてしな自由農園・原村店で買物をして、帰途につく。
やはり中央高速の上りは、渋滞していた。

夕食は、たてしな自由農園で買ったもので。

天然キノコをホイル蒸しに。
オリーブオイル+醤油+チンザノ
バター+醤油+日本酒+スダチ
以上二種類作ったが、後者に軍配。
ハタケシメジといって、山というより里でできるキノコのようだが、
それでも栽培物には無い苦味と香りと歯ざわりがあって、とても美味しい。


ローメインレタス、ルッコラ、食用ホオヅキとトマトのサラダ。
オリーブオイルとスダチと塩と黒胡椒で。

オイラが食うのは何十年ぶり?のハンバーグ。
敢えて合挽き、ソース無しの軽い仕上げ。
すいすい食える。
これは、ツレアイのしつらえ。

酒は、土曜にはせがわ酒店で買ったものが届いた。
宮城、山形、福井、そして宮城。
今夜は宮城の伯楽星。
いい休日だった。

カエルくん山にのぼる2018/09/23 11:17

夏前から、天気が良ければ山を歩こうと目論んでいた休日は尽く天気に嫌われた。
ようやくなんとか晴れそう、ということで、車ででかける。
6時15分発。
駅前コンビニで水と昼食用のカップヌードル買う。
今日は行楽チャンス、と思う人は多かったに違いない。
圏央道と中央高速のジャンクション付近は少し渋滞していた。

パーキングエリアで休憩1回。

この時期、丹沢や箱根は暑い。
アルプスは一泊だとちょっときつい。
というわけで、毎度の八ヶ岳。

ピラタス・ロープウェイで、いきなり2237㍍まで上ってしまう軟弱コース。
ここまで来ると、紅葉・黄葉がしっかり始まっている。
歩きはじめは、11時。

オイラはカエルでござる。
湘南ベルマーレ・カラー。

雨池峠から雨池山に上り、
雨池山と三ツ岳の鞍部で12時に昼食。

三ッ岳。
北八ヶ岳というと、森林と苔と池塘の静かな山というイメージだが、
ここは違う。巨大な岩が累々と積み重なって、スリルがある。
それが楽しくて、もう3回めだ。

ツレアイは、こういうスリリングなコースが好き。

今宵の宿、北横岳ヒュッテには、午後2時半過ぎ到着。
荷物を置いて、歩いて10分ほどの北横岳に上ってみる。
ミルク色の濃い霧に包まれて、展望は無かった。
でも、こういう山の景色も、良いものだ。

日が暮れて、夕食5時半。
馬肉のすき焼きが出た。
なかなか美味しい。
産地を尋ねたら、なんとカナダ産とのこと。
日本産の馬肉を使ったら、もう1万円もらわないと、と。

雲が走り、ときどき満月がのぞいた。
気温8℃。
消灯8時半。

叶結2018/09/22 22:21

午前の診療を終え、
東京駅構内の「はせがわ酒店」で買物して帰宅。

主なのはクールで宅配してもらい、持ち帰りはこれ一本。

叶結」は、「かのうむすび」と読むらしい。
前からは口の字に、後ろからは十字にみえる水引の結び方のこと。
なるほど、口へんに十で「かのう」、願いが叶うに通じるのだろう。
このパッケージングデザインは仲々新鮮だ。
ウサギ年のオイラのための祝い酒か、とも見える。
願いといえばピンコロくらいだが。

飲むのは初めての酒だったが、きりっとした輪郭で美味しい。
奈良県桜井市の今西酒造の製品。
米は朝日100%、精米歩合60%の純米吟醸。

出稼ぎの後のうちめし2018/09/20 17:22

午前の診療を終え、立ち食い蕎麦をかっこんで、出稼ぎに。
今日は、都内のはずれ。

帰途、アテもなき旅の友。

八海山がこんなもの作ってどーする!
と言いつつ買ってみる自分はどーなの!

夕食。
こんなんが、ベロにもハラにもフトコロにも、身の丈に合って具合がよろしい。

鶏肉の味醂味噌漬け。
つけ合わせの人参とピーマンのオリーブオイル炒めだけ、オイラ作。

じゃがいもと人参味噌汁。
小田原の農家からいただいたこのジャガイモ、とても美味しい。

小松菜おひたし。
ポン酢と削り節とすり胡麻で。

酒は、山形の洌・雄町純米吟醸。
くちあけから3日。すこしやわらかさが加わってこなれた。

夏が終わればもう師走2018/09/19 17:11

年末のN響第九の定期会員向け先行発売。
自分の分を含め、11人分をネット購入。
今年は、マレク・ヤノフスキが指揮する。
昨年N響定期で指揮した英雄交響曲は、非常に聴き応えのある精緻な演奏だった。
期待している。

午後の診療。
「先生、もしかして怒ってます?」
いや、ちょっと眠かっただけ。